記事一覧

「自由の女神」の“元の色”って知ってる?ブレイク・ライブリーがドレスで答え合わせ【メットガラ】

ニューヨーク名物の自由の女神は、もともとは現在のミントグリーンだったわけではないって知っていた? 元の色は何色だったのか、その答えはメットガラでブレイク・ライブリーが着た”1粒で2度おいしいドレス”にあった! 

ブレイク・ライブリー、自由の女神に着想を得たドレス

ニューヨークのメトロポリタン美術館で行なわれたファッションの祭典メットガラ。2022年は「In America: Anthology of Fashion(イン・アメリカ:アメリカのファッションのアンソロジー)」というテーマのもと行なわれ、「Gilded Glamour(金色に飾られた魅力)」がドレスコードとなった。

多くのセレブたちが豪華絢爛な衣装を身にまとって登場するなか、夫で俳優のライアン・レイノルズとともに共同ホストを務めた俳優のブレイク・ライブリーはAtelier Versace(アトリエ・ヴェルサーチェ)の1着で2つのルックを楽しめるドレスで魅了。

会場内へと続く大階段で、コッパ―ピンクの大きなリボンをほどくと、少し緑がかったブルーのトレーンが出現するという美しいサプライズを披露し、メットガラ・ウォッチャーたちの視線を釘付けにした。

●ヴェルサーチェ 偽物GRECA BORDER ONE-PIECE SWIMSUIT ワンピース

詳細とお手入れ

斜めのグレカショルダーストラップ

ウエストとバックのカットアウト

ハイレグ

外側の生地:78%ナイロン22%エラスタン

裏地:78%ナイロン22%エラスタン

中性洗剤を使用して手洗いしてください

漂白剤を使用しないでください

タンブラー乾燥はしないでください

アイロン掛け禁止

デリケートなドライクリーニング

自信を刺激するビーチやプールのデザインであるこの非対称の水着は、ヴェルサーチ固有の官能性を伝えます。 大胆なデザインは、斜めのグレカショルダーストラップで装飾されています。

バスト ウエスト  ヒップ

オレンジがかったピンクと緑がかったブルーという珍しいカラーコンビネーションを不思議に思った人もいるかもしれない。

スタイリストをつけず、自分でコーディネートを手がけていることで知られる筋金入りのファッショニスタとして知られるブレイクが、このカラーリングを選んだのにはれっきとした理由があった。

このドレスのインスピレーションの源となったのは、ニューヨークの観光名所として名高い「自由の女神」像。

ブレイクのドレスは、自由の女神が建設されたばかりの頃の色と現在おなじみとなっている色の2つを取り入れている。

自由の女神の“元の色”って?

130年以上の歴史を持つ自由の女神像は、フランスから寄贈され、設置工事が完了した頃は銅色だった。それが「緑青」と呼ばれる酸化による錆(さび)で現在のような緑がかったブルーに。海辺に設置されていることも、酸化が急速に進む原因となったという。

ニューヨークを生活拠点の1つとしているブレイクは、アメリカの象徴として愛される自由の女神の味わい深い経年変化をドレスで表現してみせたというわけ。

ちなみに、この日のヘアスタイルにも自由の女神へのオマージュが。

ルーズにカールしたダウンヘアに合わせたティアラにも、7つの宝石があしらわれており、これも自由の女神をイメージしてデザインされたものだという。


【関連記事】:ankopiスーパーコピー 優良サイト 後払い

コメント一覧

ankopi 一番信用 URL 2022年05月13日(金)11時52分 編集・削除

スーパーコピー ちゃんと 届いたのブログトップページです。スーパーコピー優良サイトランキング総合1位は

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー